• 「QOL(生活の質)向上」「資源と経済循環の両立」の4つのマテリアリティを掲げ